社会人のコーチング内容

「GLSコーチング」が
提供するもの

就労にこだわらず当事者の状態や希望にそった
「自立」の仕方、社会適応のかたちを見いだし、
当事者の社会参加・社会復帰を実現します。

  • 1

    訪問支援

  • 2

    家族の理解、協力を得る

  • 3

    当事者「自身」の回復を促す

  • 4

    ネットワーク作り

「GLSコーチング」とは

  • 就労にこだわらず当事者の状態や希望にそった「自立」の仕方、社会適応のかたちを見いだし、当事者の社会参加・社会復帰を実現します。
  • 決して誘導はしない
  • 当事者の本来の希望や目的を実現する
  • 当事者自身を回復するための支援をする
  • 当事者に寄り添った社会適応を提案する

解決志向型カウンセリング技法ともいえるが、
その人らしい社会参加の形を見出す「就労支援にこだわらずとことん当事者本人に寄り添い」
「訪問支援を主軸に行う」支援が「GLSコーチング」

弊社コーチングの位置(自社見解)

  • 1

    人間性心理学とポジティブ心理学とのあいだ
    技法は傾聴を基本とし、目標は未来志向に決めます。
  • 2

    必要に応じて認知行動療法的なアプローチを実施
    その時にできることに挑戦して、できることを増やしていきます。

※必要に応じて、結果として各心理療法等の知見は取り入れますが、原則としては当事者に寄り添うことを重視します。

採用している技法の代表例

  • 人間性心理学
    傾聴、相手の安心・安全を守る姿勢
  • 認知心理学
    できることをひとつずつ積み上げる
  • ポジティブ心理学
    やりたいことできることに注目する

コーチの方々

  • 大貫 詩織
    助産師・看護師・思春期保険相談士

    助産師・看護師としての仕事を行なう傍ら、全国の小学校から高校まで、「性」の教育等で講演活動や特別授業の活動をする。それらの経験を生かし、人々の「生きづらさ」を軽くするためのサポートを心がける。

  • 村上 登茂子
    家族心理士補・通信制サポート校講師

    0歳児保育から、障害支援の経験を経て、不登校の訪問支援を行なっている。ひきこもり当事者の背景を大切にして支援を行い、ライフサイクルを視野に家族支援を行う。

  • 関 信二
    訪問支援員・臨床心理カウンセラー

    1人1人の「自己実現」の能力を信頼し、来談者中心療法やブリーフセラピーを用いての支援を得意としている。
    ひきこもりや不登校生を社会に適応させるのではなく、「社会が何ができるのか?」「自分が何ができるのか?」を考えて活動している。中学校の放課後学習支援や心療内科勤務の経験もある。

  • 千葉 敏子
    通信制サポート校講師・学童保育支援員

    学童保育での現場経験を元に、家庭環境を視野に入れた支援を重視している。芸術学や本人の芸術的素質を必要としないアートセラピーの授業も行っている。

  • 花房 隆司
    家庭教師・通信制サポート校講師・演奏家

    大学卒業後、演奏家として国内外で演奏活動を展開し、その間スクールバンド、青少年の演奏指導も行なう。その後学習塾・大学勤務等に従事する。塾では自らも講師として指導にあたり、特に不登校生徒の指導を多く抱えた。その経験を活かし、不登校・ひきこもりの訪問支援を行っている。

  • 宮澤 寛幸
    通信制サポート校講師・カウンセラー

    通信制高校のサポート校講師として主に訪問支援を担当してきた。当事者より「してもらってよかったこと」を教わり、訪問支援のあり方を模索しつづけている。小・中学校の放課後学習支援等の責任者や成人への就労支援・キャリア教育など、幅広い年齢層の支援経験をもつ。

  • 定方 直人
    家庭教師

    自身も不登校、高校中退、引きこもりの経験を持ち、当事者かつ支援者として両方のスタンスを大切に活動している。自分の経験を踏まえた独自の支援を行う。現在の活動内容は家庭教師としての教育指導に留まらず、心理療法を実践しながら生活支援、進路指導等、多岐に渡る。

社会参加・社会復帰支援コースは東京・神奈川・埼玉・千葉のみとなります。

お問い合わせは0120-351-056

お問い合わせは
0120-351-056

(お電話頂く際には『ホームページの社会参加・社会復帰支援コースを見て』とおっしゃっていただくとスムーズです。)

WILL学園をもっと知りたいという方は
お気軽にお問い合わせください。